未経験でもチャレンジしやすい

女性

介護業界が慢性的に人手不足であるということは、ニュースなどでも度々報じられています。超高齢化社会と言われる社会状況にありながらも、介護士のなり手が不足していて、現在働いている人への負担が重くのしかかってしまっています。そのような状況下において、未経験でも積極的に求人で募集し、採用しようという取り組みがなされています。未経験の人の場合、ホームヘルパーの資格を取得すれば、介護の仕事に飛び込むことが可能です。すぐに介護福祉士になることはできませんが、仕事を続けているうちに実務経験を重ねることができるため、働きながら資格の取得を目指すという人も少なくないです。このように、未経験でも参入しやすい職場なのが魅力です。

外国人労働者は定着が難しい

食事

政府は外国人労働者を積極的に介護業界へと参入させようという取り組みを行っています。しかしながら、政府の目論見に反して、きつい職場ということから、外国人労働者の定着は困難な状況となっているようです。また、介護業界は人とのコミュニケーションが求められるということもあって、言語の壁が外国人労働者との間に高くそびえ立っているようです。そこで、近頃介護士として注目を集めているのは、40代から60代の新規参入者です。新しくホームヘルパーの資格を取り、地元の介護施設の求人に応募し、働き始めるというこの年代は、貴重な戦力として考えられています。こうした新規参入者が働きやすいように、環境整備が求められています。

広告募集中